-IS- composite

アニメ撮影見習い日記。用語解説や作品の感想等を適当に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

AfterEffects講座03 マスクシェイプを使った浮き出る文字

第三回AfterEffects講座。浮き出てくる文字の作り方!
今回使用するマスクシェイプは結構使いどころが多いので覚えましょう。
「浮き出る文字」(AfterEffects6.0Proを使用。)
cg06.gif

01.新規プロジェクトで新規コンポを200×40、3秒で作成します。
↓続いて背景をタイムラインウィンドウに配置します。
06_背景.jpg

02.新規テキストを作成します。背景の上に作成して下さい。
06_文字.jpg
↓テキストに対してエフェクト→ノイズ→フラクタルノイズを適用して文字に模様をつけます。
06_フラクタルノイズ.jpg
06_ノイズ適用後.jpg
続いて描画モードを焼きこみカラーにします。
(↓この時タイムラインウィンドウでスイッチ/モードボタンを押すと、簡単に変更できます。)
06_スイッチ?モード.jpg
さらにエフェクト→調整→カーブ等を適用して文字を背景に合わせましょう。(レベルでも構いません)
03.マスクを作成し、変形させることによって文字を浮き出させます。
↓まず、楕円形マスクツールを選択し、テキストレイヤーにマスクを作成します。
06_楕円形.jpg
「↓マスク変更前」
06_マスク変更前.jpg

タイムラインウィンドウのマスク→マスクシェイプにキーフレームを打ち、
マスクが大きくなるアニメーションを作成します。
(※マスクの境界線をぼかすことによって、文字が自然に現れるようになります。)
06_マスクシェイプ.jpg
「↓マスク変更後」
06_マスク変更後.jpg

最後にぼかし等を加えることによって、にじみでているような感じにしましょう。
自然に浮き出る感じになれば完成です。
「完成」
cg06.gif


マスクを変形させることによって、様々な表現ができます。結構便利ですよ。
ぶっちゃけグラデーションワイプでも同じようなことはできますが、
マスクのほうを覚えておくと後になって効いてきます。
IS COMPがIP COMPになってる間違いはスルーして下さい(笑。
スポンサーサイト
  1. 2006/05/13(土) 22:13:08|
  2. AfterEffects講座
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<AfterEffects講座04 画面のちらつきと復習 | ホーム | Photoshop講座03 簡単ライティング>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ipismsideb.blog8.fc2.com/tb.php/97-7ffda4e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。