-IS- composite

アニメ撮影見習い日記。用語解説や作品の感想等を適当に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

AfterEffects講座02 アニメーション魔法陣を作ろう!

第二回AfterEffects講座。魔法陣を描いてみましょう!
ちょっとだけ複雑ですが、作成方法が理解できれば他の制作にかなり応用できます!

「描く魔法陣」(AfterEffects6.0Proを使用。)
魔法陣

01.Photoshopで100×100pixelで外円の画像を作成します。赤色は透明部分です。
外円.psd

02.AfterEffectsを起動。新規コンポを100×100・1:30秒で作成します。
外円の画像を読み込み、エフェクト→トランジション→放射状ワイプを適用します。
変換終了にキーフレームを打ち、0秒で100%、15f(0015秒)で0%にします。
これで円を描くアニメーションができました。
放射状ワイプの設定

03
.新規→平面(黒)を作成し、タイムラインウィンドウに配置してください。
※描画モードを加算にしてください。(黒を抜いて下のレイヤーを確認するためです。)
平面に対してツールパレットのペンツールで魔法陣を描きます。
ペンツール
ペンツールで描画することによって、マスクが作成されました。(画像の黄色の線)

04.プロジェクトウィンドウの平面フォルダから、新たに黒平面をタイムラインに配置します。
↓平面フォルダの平面は何度でも使用することができます
ストック平面

05.黒平面(描画モード加算)に対してエフェクト→スタイライズ→ブラシアニメーションを適用します。

ここが肝!
まず03.で作成したマスクシェイプを選択してコピーします。
(タイムラインウィンドウで選択して下さい。)
マスクのコピー
続いてブラシアニメーションを適用した平面の、
エフェクト→ブラシアニメーション→ブラシの位置に上記でコピーした情報をペーストして下さい。
ブラシの位置

※なお、ブラシの位置のキーフレームは端のキーフレームをドラッグすることによって、時間伸縮ができます。(移動の際は全選択しましょう。)
これで魔法陣の内側の模様が描かれました。

06.手順03?06を繰り返し、もう一対の模様を作成して下さい。

07.完成です。キーフレームを調整することによって、うまく魔法陣を描くことができましたか?
グローなどを適用すると、様々な表現ができますので、色々試してみましょう。

今回の講座は若干複雑ですが、覚えておくと本当に便利です。
特にトランジションの使い方と、マスクの値をコピーすることは覚えておきましょう!
スポンサーサイト
  1. 2006/05/05(金) 19:47:34|
  2. AfterEffects講座
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<3DCG 「家」における反省点 | ホーム | キーボードCTK-900購入>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ipismsideb.blog8.fc2.com/tb.php/92-47f85771
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。