-IS- composite

アニメ撮影見習い日記。用語解説や作品の感想等を適当に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

AfterEffects講座01 動くテキストアニメ

第一回AfterEffects講座。簡単に動くテキストアニメを作っちゃおう!
今回は若干中級者向けですが、AfterEffectsを使うなら覚えておいて損は無い!
※プロバージョンにしか無い機能を使っています。注意して下さい。


「動くノイズ文字」(AfterEffects6.0Proを使用。)

01.まず新規コンポジションを200×40pixel・1:00秒で作成します。
02.タイムラインウィンドウ上で右クリック→新規→平面(黒・コンポジションサイズ)を作成します。
03.平面レイヤーにエフェクト→ノイズ→ノイズを適用し、100%で カラーノイズのチェックを外します
20060430204925.jpg
簡単に砂嵐の出来上がりです。

04.次に新規テキストを追加します(ツールウィンドウのT)。好きな文字を入力しましょう。
05.テキストレイヤーにも上記のノイズエフェクトを適用します。

06.テキストレイヤーのトランスフォームの「位置」にキーフレームを打ちます。
  タイムラインの最初と最後に打って下さい。値は同じで構いません。
07.トランスフォームの位置の名前をクリックして下さい。
位置のキーフレームが全選択されます。このキーフレーム全選択機能は覚えておきましょう。
20060430204938.jpg

08.ウィンドウ→ウィグラーを適用します。
(ウィグラーを適用すると、選択されたキーフレームの間にランダムの値でキーフレームを作成します。周波数はキーフレームの間隔、重要性は値に関係していて、それぞれの数値が大きくなるとより激しい動きになります。)
↓以下のように設定します。
20060430204919.jpg
これで文字が細かく動くようになりました。

09.↓次に不透明度に100→0→100と交互にキーフレームを打ちます。
20060430204932.jpg

10.不透明度のキーフレームを全選択後、
 再びウィグラーを適用。周波数を100.重要性を50にします。
11.完成です。RAMプレビューで確かめてみましょう。


このようにウィグラーをうまく使うことによって、様々な効果が表現できます。
トランスフォームだけでなく、エフェクトのキーフレームに適用してみるのも良いでしょう。
今回の講座、文字ばっかりで見え難かったりして……。
講座の要望・意見などありましたら宜しくお願いします?。
スポンサーサイト
  1. 2006/04/30(日) 21:35:24|
  2. AfterEffects講座
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<3DCG「飛行船」 ローポリでどこまで見せるか。 | ホーム | Photoshop講座02 簡単 写真加工!>>

コメント

エフェクトの一発使用は

あまり好ましくない。
砂嵐を作るならフラクタルノイズをお勧めします。
  1. 2006/05/07(日) 14:24:49 |
  2. URL |
  3. アニメ撮影マン #o6.nH2Qo
  4. [ 編集 ]

アニメ撮影マンさん

ご指摘ありがとうございます。確かにノイズだけでは単調なので改良の余地有りです!
自分の納得のいく効果ができるまで、エフェクトを突き詰めていきたいと思います。
まだまだ自分のできる効果は少ないですが、表現を増やせるように頑張ります!

今後もご指摘やアドバイス等があれば、宜しくお願いします!
  1. 2006/05/07(日) 17:11:26 |
  2. URL |
  3. いさむん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ipismsideb.blog8.fc2.com/tb.php/89-000df9c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。