-IS- composite

アニメ撮影見習い日記。用語解説や作品の感想等を適当に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

AfterEffects講座06 剣に沿う雷

今回はエフェクトの稲妻(高度)を使用して、剣に稲妻を走らせます。
レイヤーマスクさえ準備できれば後は調整するだけですので頑張って作成していきましょう。
「剣に沿う雷」
剣に沿う稲妻アニメ.gif

01.元素材を.psd形式で用意します。
これは後でAfterEffectsにコンポジションとして読み込ませるためです。
「元素材」
06_元素材.jpg
続いて稲妻を走らせるためのマスクをPhotoshopで作成します。
※レイヤーマスクの作成方法はPhotoshop講座番外編を参照して下さい。
06_アルファマスク.jpg
↓今回の画像のレイヤー構造はこのようになっています。
06_レイヤー構造.jpg

02.AfterEffectsを起動。
ファイル読み込みで.psdファイルをコンポジション-クロップしたレイヤーとして読み込みます。
「コンポ読み込み」
06_コンポジション読み込み.jpg
(フッテージではなくコンポとして.psdファイルを読み込むことで、
レイヤー構造をそのままコンポに反映させることができます。便利!)


03.続いて先程マスクを作成したレイヤーに対してエフェクト→レンダリング→稲妻(高度)を適用します。
原点・伝導状況にキーフレームを打つことによって稲妻をアニメーションさせます。
「稲妻(高度)数値」
06_稲妻(高度)数値.jpg
「稲妻適用後(マスクレイヤーのみ表示)」
06_稲妻.jpg
(稲妻のエフェクトはアルファチャンネルに沿って稲妻を走らせることができます。さらにパラメーターの数値を変えることで表現が大きく変わります。自分が良いと思うようにパラメーターを調節してみて下さい。)
※1つだけでは足りないと思います。
複製などを使って稲妻の量を増やしましょう。ブラーなどをかけてみるのも良いかもしれません。


04.今までのコンポを新規コンポに収納します。
その後稲光に反応して画面がちらつく効果を作成します。エフェクト→スタイライズ→ストロボを適用します。
エフェクト数値を調整することによって画面のちらつきをだします。
「ストロボ数値」
06_ストロボ数値.jpg

05.剣コンポに新規平面を作成し、仮の空レイヤーの上部に配置します。
仮の空の変わりに動く空を作成します。エフェクト→ノイズ→フラクタルノイズを基本として、
数種類のエフェクトを適用し画面全体の雰囲気に合わせていきます。
※フラクタルノイズの乱気流のオフセットとサブ展開にキーを打つと雲が動きます。
「動く雲数値」長いッス。
動く空.jpg

06.細部の調整です。ライティングやノイズ度合いなどを考えて全体をま
とめていきましょう。調整が終われば完成です!
剣に沿う稲妻アニメ.gif

今回の講座は少しまとめるのに苦労しました。穴が無いことを祈るのみです。
次回は爆発の外円の講座を予定しております。お楽しみに?。
スポンサーサイト
  1. 2006/05/23(火) 19:59:58|
  2. AfterEffects講座
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<AfterEffects講座07 AEでの爆発表現 | ホーム | Photoshop講座番外編レイヤーマスクの作成法>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ipismsideb.blog8.fc2.com/tb.php/106-4e96326a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。