-IS- composite

アニメ撮影見習い日記。用語解説や作品の感想等を適当に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Photoshop講座番外編レイヤーマスクの作成法

今回は簡単なレイヤーマスクの作り方です。AfterEffects等を使う上では必要不可欠となります。
手順はとても簡単なので、是非とも覚えて下さい。

01.白黒画像を3Dのレンダリング時に書き出すか、自分で作成します。
白黒画像.jpg

02.自動選択ツールで黒の部分を選択し、選択範囲→選択範囲を保存を選びます。続いてチャンネルのところをマスクに設定します。
選択範囲を保存.jpg

これでレイヤーマスクが作成されました。
「レイヤーマスク」
作成終了.jpg

※この講座はAfterEffects講座06の参照用です。
スポンサーサイト
  1. 2006/05/23(火) 19:19:53|
  2. Photoshop講座
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Photoshop講座03 簡単ライティング

今回は僕の作成した3Dの画像で入れた、光の効果の適用の仕方について説明します。
今回は講座用に、割りと簡単な効果を使用しております。本当に簡単です
ライティングは非常に重要な要素です。簡単なことから覚えていきましょう。

簡単ライティング(Photoshop CSを使用。)
01.まず元となる画像を作成します。これは3Dでも写真でもなんでも構いません。
元画像.jpg
↑若干暗めのほうが良いかもしれません。

02.元画像のレイヤーが分かれている場合は「レイヤーセット」の中にレイヤーを格納しましょう。
↓今回は少ないですが、レイヤーが多くなった時の管理にはとても重宝します。
レイヤーセット.jpg

03.続いて新規レイヤーを作成し、グラデーションを適用させます。
グラデーションエディタを開き、白→透明の線型グラデーションを左から右に適用しましょう。
グラデーションエディタ.jpg
すると、元画像の左部分に若干光が入った様になります。
透明度などを光が良い具合になるまで調整していきましょう。

04.続いて光の筋を入れます。基本はグラデーションの考え方と同じです。
まず新規レイヤーを作成し、描画色を白・背景色を黒に設定します。
その後白でレイヤーを塗りつぶします(Alt+delで描画色塗りつぶし)。
塗りつぶしたらフィルタ→スケッチ→ハーフトーンパターンを適用します。
ハーフトーンパターン.jpg
↓続いて黒の部分を長方形選択ツールで選んで白との割合を変えていきます
黒の割合.jpg
↓そして描画モードをソフトライトにして、編集→自由回転で光の方向を決めます。
光の方向.jpg
その後フィルタ→ぼかし→ぼかし(ガウス)を適用して自然な感じに仕上げましょう。

05.最後にアクセントとしてレンズフィルタを適用します。
↓レイヤーウィンドウの下のボタンから新規調整レイヤー→レンズフィルタを適用して下さい。
調整レイヤー.jpg
レンズフィルタ.jpg

完成です。最終的なレイヤー配置は以下のようになります。
レイヤーの配置.jpg
「完成画像」
遺跡広角ver

今回の講座はいかがだったでしょうか。
僕は今回ので正直ネタを考えるのが一番難しいことを学びました。
もっと高度なことを講座として公開したほうが良いでしょうか?
ご意見・ご感想等があれば宜しくお願いします。
  1. 2006/05/11(木) 23:33:35|
  2. Photoshop講座
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Photoshop講座02 簡単 写真加工!

第二回目フォトショ講座!今回は簡単な写真の加工です。
デジカメ等で撮影した写真の雰囲気を、それっぽくしてしまおう!
ソフト系フィルターを装着したような写真の仕上がりになるはずです!


「簡単ソフトフィルター」(Photoshop CSを使用。)
01.まず元写真をフォトショップで開きます。
元写真
02.続いて、背景レイヤーを複製します。
レイヤーを複製
03.コピーしたレイヤーに、フィルタ→ぼかし(ガウス)を適用します。
ぼかし(ガウス)
04.コピーしたレイヤーのレイヤーモードをスクリーンにして、不透明度を調整します。
レイヤーモード変更
05.はい、完成。
前後
「完成画像」
完成




このように、レイヤーモードを変更するだけで簡単に雰囲気の違う写真となります。
これは、写真だけでなく映像でもよく使われている手法です。
色んなレイヤーモードを試して、色んな雰囲気の写真を作ってみましょう!
  1. 2006/04/29(土) 19:57:34|
  2. Photoshop講座
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Photoshop講座01 簡単タイトル作り!!

始まりました!!フォトショ講座!分かり難いところとかあったら教えて下さい。

「簡単タイトル」(Photoshop CSを使用。)
title05
01.まずPhotoshopを起動し、ファイル→新規。(画面の大きさは任意です。)
02.背景レイヤーを塗りつぶします。(ctrl+delで背景色で塗りつぶし)
 ※作業を見やすくする為です。色は見やすければ何色でも構いません。
03.
↓ツールウィンドウから、シェイプ→カスタムシェイプツールを選択します。


↓続いて、ツールオプションウィンドウでバナー3のシェイプを選択します。
20060427110103.jpg
↓別に色はなんでも良いので、文字が収まる程度に作成します。(色は後で変更できます。)
s1.jpg

04.テキスト入力ツールを選択して、入力したいタイトルを打ち込みます。
 (ツールウィンドウのTのツールです。)

※一口メモ
↓この時に文字ツールパレット(ctrl+T)でフォントを変更すると、
 思いがけずに良い作品になることがあります。
 ゴシックと明朝体は特定の場合を除いては、平凡になる恐れがあるので注意が必要!!
 僕の場合はCenturyOldstyleRomanを使いました。他にも色々使ってみましょう。
20060427110110.jpg


ここまでで90%は完成です。ここからの作業が大事!あと少しです。

05.シェイプのレイヤーを選択し、レイヤー→レイヤースタイル→レイヤー効果をクリックします。

ドロップシャドウ・シャドウ(内側)・サテンに数値を打ち込みます。
20060428224046.jpg

この時、重要なのは描画モード・距離・色です。
上記以外の数値を入力して、どんな効果がでるか色々と試してみてください。
20060428232124.jpg

06.テキストレイヤーを選択し、レイヤー効果を適用します。
今回はドロップシャドウだけで構いません。距離に気をつけましょう。

一口メモ
レイヤー効果のカラーオーバーレイを適用すると、色が任意に変更できます。
自分のイメージの色じゃなかったら、使ってみるのもアリ!?
20060428232130.jpg

07.完成
下のようなレイヤー配置になっていれば、完成です!
20060428225316.jpg

※最後にアドバイス
制作に大事なのは作り始めの段階で、「完成形を思い描く」ことです。
完成形から逆算して、「どうやってソレを作るのか。」を考えることが重要です。
このことを意識するだけでも、作業効率がかなり変わってきます。
僕もまだ修行中の身です。みなさん一緒に頑張りましょう!


フォトショ講座「簡単タイトル編」いかがだったでしょうか?
初めてのことなので、右往左往しながらも頑張って作ってみました。
理解しづらいところや間違い等ありましたら、指摘して下さい。よろしくお願いします。
  1. 2006/04/28(金) 23:05:39|
  2. Photoshop講座
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。