-IS- composite

アニメ撮影見習い日記。用語解説や作品の感想等を適当に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

時かけDVD予約とオトナアニメ

最近のお買い物。
時をかける少女 限定版 時をかける少女 限定版
筒井康隆、 他 (2007/04/20)
角川エンタテインメント

この商品の詳細を見る

オトナアニメVol.3 オトナアニメVol.3
(2007/01/11)
洋泉社

この商品の詳細を見る


「時をかける少女」。悩んだ末に限定版を予約。予算的に辛いものがあるけど貯める!
んで遅ればせながら、例の表紙が超イカス!オトナアニメVol.3を書店で購入。
内容はVol.2に比べると、ちと微妙かもしれない。表面的な記事が多いような?
まだ深く読んでないので、なんとも言えませんがそんな感じ。

それにしても僕の中の「荒木」姓イメージが良い意味で変態化している。
荒木飛呂彦荒木経惟。この二人の影響力はスゴい。もちろん良い意味でw
スポンサーサイト
  1. 2007/01/13(土) 19:51:05|
  2. 鑑賞&読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

国語力とS&Mシリーズ


大人の「国語力」が面白いほど身につく! 大人の「国語力」が面白いほど身につく!
話題の達人倶楽部 (2006/07/25)
青春出版社
この商品の詳細を見る
冷たい密室と博士たち 冷たい密室と博士たち
森 博嗣 (1996/07)
講談社

この商品の詳細を見る

blogの改装も仮終了し、色々と感想なんかを増やそうかな?と思っている私。
アニメやコミックでも良いのですが、アニメは放送時間的にどうしても東京に遅れる(泣。
そこら辺は試行錯誤しつつ、様々な記事を実験的に書いていこうと思います。

まず「大人の?」。これワンコイン=500円です。文庫並の安さw
脳トレやなんやら流行している勉強系。四字熟語や慣用句など、結構便利です。
無くても良いけど、あっても良い。そんな本。

続いてS&Mシリーズの二冊目「冷たい密室と博士たち」
12月で戯言シリーズを読み終わったので、次に手をだしてみる感じで購入。
京極堂は分厚いので後回しw
前作の「すべてがFになる」よりは、普通だな。といった感想。
ちとサスペンスドラマちっくな内容だったのは残念。面白いことは面白いのですが。
それにしてもこのシリーズ。冊数が結構あるな……。読み終わるの何時になることやらw

最近色んな分野に手を出してます。日本文学・海外文学・古典・ライトノベル……。
まだまだ読書量が浅いので、のんびりと読む予定?♪
  1. 2006/12/25(月) 18:49:04|
  2. 鑑賞&読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ちと、驚いた。

アニメーション制作の手引き?仕上げ・撮影編? by京アニショップ

↑暇つぶしにネット巡回していたら、面白いモノを発見。
えらい専門的な分野の本を売るなぁ。就職前に出たので、少しラッキー!?
これで「RETAS!ソフトの現場での使い方」→「AfterEffectsソフトの現場での使い方」
だったら完璧でしたが、現場知識の補填には役に立ちそうなので購入する予定。
撮影の専門書がイマイチ少なかった為、ちょっと楽しみ。

こういった本で撮影という職業の認知度が向上するのは嬉しい限り。
自分でも言うのもアレですが、作画や仕上げに比べるとマイナー感はありますから……。
よっしゃ、頑張るぞぃ。
  1. 2006/12/14(木) 03:56:06|
  2. 鑑賞&読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

台風+「神様のパズル」

今日は台風。結構すごいヤツで一歩も家から出られない。
風の音、何かが飛んで当たる音。色んな音を聞きながら一日中本を読んで過ごす。

↓三冊ほど読んだ中の一冊を紹介。

「神様のパズル」機本 伸司
神様のパズル.jpg
「宇宙の作り方」を軸に専門用語や人間関係が飛び交う小説といった印象。
僕は理系というよりも文系なのですが、"わかったふり"でも十分楽しめます。
物理学+SF部分を除けば青春モノ。登場人物+ストーリーともに普通。
その普通さが専門用語の飛び交う本書では逆に安心できます。
真新しさは無いものの、読んで損したということも無し。
どうやら映画化されるみたいだけど、全然想像がつきませんw
  1. 2006/09/17(日) 22:17:35|
  2. 鑑賞&読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

映画鑑賞「時をかける少女」+書籍購入

友人と「時をかける少女」を観に行きました!久々にスマッシュヒット!
「あー、すげぇ。アニメーションだー。」という素朴な感想w
久々に劇場アニメーションらしい作品を観させてもらった、という気分です。
キャラクターの魅力や、作品世界の空気をダイレクトに感じました。演出、鬼。
鑑賞前後ではタイトルの「時をかける少女」の意味が、僕の中でかなり変化!
タイトルって、本来こうあるべきなんだろうなぁ。すげぇ。これぞ、伝わる作品。
後から作品の良いところが、ボディーブローのように効いてきます。
これ以上書いたら、多分恐ろしい量になるので感想はこのへんでw

良い気分をもらった後は、書籍を購入。
遅ればせながら、「DIGITALANIMEARTWORK2」を購入。やっと手に入れました!
時かけの絵コンテも欲しかったけども、4店舗回って全て売り切れ……。
博多の本屋、ちゃんとしてけろ?。明日地元の本屋で探してこよう。

今日はかなりナイスな日でした!買った本を読んで、良い気分で寝れそうです。
  1. 2006/08/04(金) 22:57:08|
  2. 鑑賞&読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

映画鑑賞「ブレイブ・ストーリー」&卒制枠決め

レイトショーで映画「ブレイブ・ストーリー」を観てきました。
原作を読んでいたので、アレをどうやって表現するんかな?と思いながらの鑑賞。
うむむ。評価に苦しむぜ。
確かに原作の良さはあまり引き出せてはいないものの、小学生等をターゲットとした
作品としては問題なし。良くも悪くもエンターテイメント色の強い印象。
映像表現はぶっちぎりにスゴイ。GONZOっぽくなかったのは、新鮮な驚き。
ラストシーン近辺では「LAST EXILE」に近い演出も。監督が同じだからかな?
ターゲットの年齢が低いせいもあってか、原作にあった表現がだいぶ省かれてます。
省かなかったら多分PG-12くらいになってしまうからしょうがないか。
ちょっともったいない感が残る映画でした。

続きまして、卒制作品の枠決めと今後すること。
「ストーリー性のある映像作品」or「架空の作品の予告orPV映像」
ストーリーの場合、尺は5分以上10分以内。テーマを明確化して、起承転結を入れる。
予告orPV映像の場合、尺は2分以内。その作品の魅力を音楽と共に全面に押し出す。
実際に今まで作った経験があるのは後者。
テーマ・ジャンル等を決定してから、どちらがより作品表現に適切かを考えます。
8月に突入するまでには決める!それまでは色々と手を出すのも許可する!
めがっさ頑張ります!!
  1. 2006/07/12(水) 23:36:00|
  2. 鑑賞&読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レビュー 「道は開ける」

「道は開ける」 D・カーネギー
内容(「BOOK」データベースより)
悩みの正体を明らかにし、悩みを解決する原則を具体的に明示して、
こころの闇に光を与える不朽の名著。(amazon.co.jpより)



・評価95点
世界的ベストセラーのこの書籍に出会えたのは、幸運でした。
今までなんで読んでなかったんだ!と思える程素晴らしい内容。
悩みの解決法の原則が理解しやすく、簡単なことだったのに驚きました。
読後には「今まで何を悩んでいたんだろう!」という爽快感。
何かに悩んだり、落ち込んだりすることが多い人は必見の書です。
  1. 2006/04/25(火) 22:00:04|
  2. 鑑賞&読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

踊らされてみよう

昨日、今日と本を2冊購入してきました。
養老孟司さんの「バカの壁」と、三並夏さんの「平成マシンガンズ」です。
どちらも有名な書籍なので、知っている人も多いのではないでしょうか。

実は、この2冊を購入するのは結構抵抗がありました。
何故なら、メディアでよく取り上げられる書籍だからです。
食わず嫌いとでも言うのでしょうか、有名な書籍にはなんとなく抵抗感がありました。
踊らされているような気がするんですよ、えぇ。
「セ○チュー現象」みたいな感じがしてしまうのです。

でも読んでみないことには分からない。読んでマイナスになることは無いだろう。
踊らされてみるのも良いかもしれない。
  1. 2006/01/31(火) 00:10:17|
  2. 鑑賞&読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

風邪引き+書籍

風邪をひきました。やはり辛いものがありますね。
月曜の昼過ぎくらい?今日の夕方が風邪ゾーンでした。
現在はなんとか沈静化してきて、明日のゼミには出席できそうです。

ベッドでただ寝るのもアレだったので、書籍を少々読みました。
「かもめのジョナサン」「変身」のふたつ。
どちらも中高生の時に読んでいたのですが、この前図書館に行ったときに
懐かしくなって借りたものです。再び読み返すのもアリだな、と。

あと、書店にてトルストイの「人生論」を購入。…かなーり難解で困ってしまう(笑)
ドストエフスキーとトルストイの本は、読むべきかな?と感じております。
今後の読書はこの二人の本に重点を置いてみよう。
  1. 2005/10/26(水) 22:00:09|
  2. 鑑賞&読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。